ブレーキパッドを交換する時期はいつ?

ブレーキパットとは
ブレーキパッドとは、自動車がブレーキをしたとき、タイヤの回転を摩擦によって止める部品のことです。このブレーキパッドは、使用していくと摩擦によってすり減っていきますので、車検時などで定期的に確認と交換をする必要があります。
ブレーキパッドは摩耗してしまうとブレーキがかかりにくい、車が止まらないといったことが起こり、事故を起こす原因になってしまうケースもあります。
そのため、ブレーキパッドが減ってきたら交換しなくてはなりませんが、このブレーキパッドは頻繁に交換するわけではありません。
ブレーキパットの交換にはだいたい3万円から4万円ほどの交換費用がかかります。自分でも交換することができるので、費用を抑えようと思えばできるのですが、初心者が交換する場所としては、ブレーキブレーキパッドはあまりにも命の危険が及ぶ可能性があるのでおすすめはできません。
ブレーキパッドですが、色んな種類があります。摩擦材の材質などによってブレーキをかけたときの止まり具合には違いがあります。
ブレーキパッドの種類については、最寄りの自動車整備士やディラーに確認をとってみるといいでしょう。
ブレーキパッドを交換する目安
ブレーキパッドは車が走行した距離、また自動車の運転方法、ブレーキの頻度や踏み方によって摩耗するスピードが違います。ブレーキパッドの交換を考える自動車の走行距離は、平均で2万キロといわれています。
しかし、先程も言ったようにブレーキの踏み方などで摩耗の度合いは違いますから、まだ2万キロに達していなくても交換が必要になるかもしれません。
そこで、ブレーキパッドを交換する目安をご紹介します。
ブレーキパッドの摩擦材部分が10ミリ以上ある場合は交換をする必要はありません。しかし、摩擦材部分が5ミリ以下になっていたら交換が必要になります。
摩擦材の部分が少なくなると、ブレーキをしたときの熱によってすり減る摩擦材の量が多くなるため、余裕をもたせるためにも、残りが5ミリほどになったらブレーキパッドの交換をおすすめします。
もしブレーキパッドの交換が遅れてしまうと、ローター部分やキャリパーに大きな負荷がかかってしまいますので、ブレーキパットといっしょにこれらの部品も交換する羽目になり、整備の費用が高くなってしまいます。
また、ブレーキパッドは自動車のタイヤ部分、ホイールの中に内側を向いて取り付けられているため、そのままでは目視で確認することは難しいです。
ブレーキパッドの交換時期は、音で判断することもできます。ブレーキをしたとき「キィー」や「ゴー」という異音がするようになったら、ブレーキパッドとブレーキローターの摩擦によって音が生じている場合がありますので、このような音がするようになったら、ブレーキパッドの交換をおこなってください。
ブレーキパッドを交換したらローターも交換が必要?
ブレーキを踏むと「キィー」という異音がするようになった、でも、ブレーキパッドを交換したからもう大丈夫。と思っている方、ブレーキパッドの交換が出来たかもしれませんが、ローターの交換はしなかったという人も多いのではないでしょうか。
ブレーキを踏んだとき「キィー」や「ゴー」という異音が聞こえてきたということは、それだけブレーキパッドが摩耗していた証拠です。ブレーキパッドが摩耗していたということは、ローター部分にもそれなりの負荷がかかっていたということでもあります。
国産車と海外車の場合で扱い方は少し違ってくるのですが、海外の自動車の場合だと、ブレーキパッドとブレーキローターの摩耗は比例する作りの物になっているため、ブレーキパッドを交換するときにブレーキローターも一緒に交換する、というのが海外車の特徴です。
国産車の場合、ブレーキローターの摩耗は海外と比較して少ないそうですが、スポーツタイプの車に乗っている方や、最近の新しいタイプの自動車に乗っている方は、仕様が変わっていたりするので、ブレーキローターの黒ずみが酷い、またはサビが酷いと感じたら、ブレーキローターの交換も考える必要があると思います。
車検に出したとき、ブレーキローターとブレーキパッド両方を交換されますか?と聞かれたら、一緒に交換することをおすすめします。